美肌をキープし続けたい、と願うのは女性だけではありません。
男性も美肌を目指し、スキンケアなどにも敏感となってきた昨今、もはや、美意識に性別は関係なくなってきたのかもしれません。
ケアの中で人気なのは、保湿です。
乾燥することで様々な肌トラブルを起こす、ということを回避できますし、乾燥が激しくなると、見た目にも影響が出てしまいます。
乾燥は美肌の大敵なのです。

さて、そんな乾燥対策ですが、その最適な方法や肌質については、性別で違いがあるものなのでしょうか?
男性の場合、どのようなことに気を付けて顔の保湿をすればいいのでしょうか? どうすればいいのか、そして女性との違いについて調べましたので、ご覧ください。

おすすめのケア方法について

特に気をつけたいのは、アイテム選びと、使用するタイミング、UV対策です。
それぞれみていきましょう。

▼肌質と相談したアイテム探し
まずは、ご自身にぴったりのアイテムに出会うことが大切です。
メンズアイテムには、オイリー肌向けのものが多いです。
しかし、本当にご自身のお肌がオイリー肌ならいいですが、そうではない場合、洗顔なら必要な油分まで落としてしまったり、ケア商品なら油分が不足してしまったり、といったこともあるでしょう。
つまり、お肌に合わない、というわけです。

オイリー肌向けのスキンケアアイテムは、皮脂をしっかり除去したり、保湿成分の配合量が少なかったりします。
そのため、オイリー肌の方以外が使用すると、乾燥しやすいのです。

充分な保湿を行うためにはきちんとご自身の肌質を知り、肌質に合ったアイテムを選んでください。

肌質が何であるかを知るには、以下を参考になさってください。
・一日を通して、常に顔があぶらっぽい、テカると感じている…その場合は、オイリー肌である可能性が高いです。
・特にあぶらっぽさを感じず、そして、テカリも乾燥も感じない…普通肌である可能性が高いです。オイリーでもドライでもないため、普通肌用のアイテムがおすすめです。
・肌がカサカサする、肌がつっぱりやすい…ドライ肌である可能性が高いです。

もし、肌質に合っていると思われるものを選んでも、保湿が不十分、あるいは、油分が多すぎるなど感じられた場合は、別なアイテムを試されることをおすすめいたします。
試供品があったり、お試し価格で購入できる商品も多いですので、色々と使用してみて、最もしっくりくるものを探しましょう。

▼肌が乾燥するその前に!
入浴後や洗顔後、時間を置かずに、なるべく早くスキンケアを行いましょう。
時間が経つことで、皮膚の水分が蒸発しやすくなります。
ですので、乾燥してしまうその前に、ケアすることが大切なのです。

▼UV対策
性別や年齢問わず、紫外線は肌に悪影響を及ぼしますので、UV対策はしっかり行いましょう。
紫外線を浴びすぎると、ターンオーバーが乱れて、乾燥しやすくなります。

日焼け止めと言えば、顔が白くなる、と避けている方もおられるかもしれませんが、白くならないタイプのものも販売されています。近頃では、ほとんどの商品が白くなりませんので、メイクをしない男性でも使いやすいでしょう。

女性との違いは?

保湿のためのスキンケア方法はわかりましたが、女性との肌の違いは何なのでしょうか?

性別によって肌に違いはあるのかというと、あります。
必ず、というわけではないですが、一般的には、男性の方が女性よりも皮膚が分厚いとされています。
そして、女性よりも男性の方が皮脂の分泌量が多いです。女性の2倍以上分泌されているとも言われています。
そのため、メンズ向けのスキンケアアイテムは、オイリー肌向けのものが多いのです。

皮脂は多くても少なくてもお肌によくない影響を及ぼすものです。
多いと、毛穴が塞がりやすくなってしまいます。そうなると、吹き出物などの肌トラブルを起こしやすいです。
反対に少ないと、乾燥しやすくなりますので、肌荒れや、シワなどの肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

多すぎず、少なすぎない、丁度良い皮脂量へと調整することが重要です。
そのためには、適切なスキンケアアイテムを選ぶことが大切です。

【関連記事】⇒対策に役立てよう! 乾燥肌の原因とは?