40代になってから肌の乾燥が気になりはじめた、という方は多いようです。
なぜかと言うと、お肌にとって転換期でもあり、肌質が変わりやすい時期だからなのです。

乾燥を緩和するためには、20代や30代の頃とは違う、年齢に合った保湿ケアをすることがおすすめです。
基礎化粧の中でも、特に化粧水選びは大切です。

そこで、
・40代で保湿のために選びたい化粧水とは?
・反対に使わないほうがいいものはどういったものなのか?
について書いていますので、乾燥を気にしている方は、ぜひ、ご参考になさってください。

40代での保湿について

個人差はあるものの、お肌は平均的に、30代頃から変化が訪れやすいと言われています。
美肌に必要な成分の分泌量が減少したり、代謝が衰え始めるためです。
そうなると、お肌は無理がきかなくなります。
10代や20代の頃は、メイクをしたまま眠ってしまったり、スキンケアを怠ったり、あるいは徹夜をしたとしても元気な潤いたっぷりのお肌だったのではないでしょうか?
しかし、30代になると、疲れなどが肌に出やすくなってしまいます。
皮脂の分泌量も減少しますし、体内で生成される美肌や潤い肌に必要不可欠な成分の生成量も落ちてしまう上、代謝が衰えているからです。
よって、無理がきかなくなってしまうのです。

40代ともなると、もっと顕著にあらわれます。
寝不足になると、肌の疲れがメイクでは隠せないほどに出る、という方もおられるほどです。

無理をしておらずとも、普段の生活の中でも肌の変化を感じる機会は多々あるでしょう。
中でも、実感しやすいのは、潤い不足でしょう。
セラミドやコラーゲンの生成量が落ちるため、乾燥しやすくなるからです。

選びたい化粧水について

乾燥しがちな40代のスキンケアにおすすめの化粧水は、
▼保湿成分がたっぷり配合されているもの
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。
高濃度配合されているものがいいでしょう。
また、浸透力を上げるためにナノ化されているものもおすすすめです。

一番のおすすめ成分はセラミドです。
コラーゲンやヒアルロン酸も効果的ではありますが、分子のサイズが大きいということがネックです。
スキンケアアイテムは、肌に直接塗布するものです。
注射などで収入したり、サプリメントのように口から摂取するものではありません。
ですので、分子のサイズが大きいと、真皮まで到達しない可能性が高いです。
そのため、セラミドがおすすめなのです。
セラミドは、肌のかなり上の層に存在するものですので、浸透しやすいとされているからです。
特に、ナノ化されたセラミドなら一層、浸透力が高いでしょう。

コラーゲンやヒアルロン酸を選ぶ場合も、ナノ化されたものがいいでしょう。

▼エイジングケアも兼ねているもの
シミやシワ、イボなど年齢肌特融の肌トラブルを起こさないためにも、エイジングケアは必須と言えます。
40代の保湿不足は、原因が年齢肌によるものであることが多いため、乾燥をしつつ、エイジングケアをすることで、相乗効果がうまれて、さらに高い乾燥緩和にも期待ができます。
そして、乾燥が緩和され、お肌のバリア機能も取り戻すことができると、ターンオーバーの正常化にも繋がります。
そうなると、乾燥を根本的に防ぐことも可能となります。
また、若々しいお肌を維持することにも期待が持てます。

▼低刺激であること
乾燥しがちなお肌は、バリア機能も損なわれてしまい、刺激にも弱い敏感な状態になっていることが考えられます。

ですので、刺激の低いものを選びましょう。
特に、無添加のものがおすすめです。

などがあります。ケアのためには、こういったタイプのものを選ぶようにしましょう。

反対に使わないほうがいいものはどういったものなのか?

反対に、使わないほうがいい化粧水は、
・保湿効果のある成分が配合されていないもの
・刺激の強いもの
・皮脂を落としやすいものなど、若い肌向けのもの
などです。

【関連記事】⇒40代でエイジングケアも出来る保湿クリームはどれ?