乾燥が続くと、肌に様々なトラブルが起きる場合があります。
シミやシワ、イボ、肌荒れなどといった肌トラブルの要因にもなりますし、時には、皮膚がめくれてしまう場合もあります。
一度ひどくなってしまうと、緩和までに時間がかかります。
ですので、乾燥が気になる方は、早めの処置が大切です。

そんな乾燥が気になるときは、皮膚科で保湿用のクリームを処方してもらえることもあります。

では、皮膚科で処方される乾燥緩和用のクリームにはどのようなものがあるのでしょうか? 市販で入手できるものとの違いはあるのでしょうか?
調べましたので、ご覧ください。

皮膚科で処方されるクリームについて

クリニックで処方される保湿用のクリームは、保険が効くものもあります。
また、診断した医師の判断によって処方されるわけですから、安心感もあります。

処方される保湿剤には、以下のようなものがあります。

▼ワセリン
清潔な肌の上に、適量塗布するだけです。
テカテカしてしまったり、べたつきが気になる方もおられますので、特に外出時は、薄くつけるといいでしょう。

ワセリンは、皮膚に浸透するタイプではなく、膜をはるように皮膚の表面をプロテクトしてくれるものです。
水分の蒸発も防げて、保湿に最適です。

皮膚科で処方されるものは、基本的に余分な添加物がないため、敏感肌の方でも使いやすいでしょう。

また、プロペトなど、純度が高いワセリンは、刺激が少ないため、アトピーなどの敏感肌の方への治療にも用いられています。

▼ヒルドイド
ヘパリン類似物質ですので、乾燥を緩和する成分です。
ポピュラーな治療法です。多くの皮膚科で行われています。

皮膚の乾燥を防ぎ、血行を促進してくれるのがヒルドイドです。
抗炎症作用もあるため、吹き出物など肌トラブル緩和にも効果を期待することができます。
また、それだけではなく、肌を修復する効果もあります。
かなり、万能なクリームだということで、人気の高い治療方法でもあります。

▼ビーソフテン
効能はヒルドイドと同じで、こちらも、人気の高い治療方法です。

などです。
ほかにもいくつものクリームがあります。
クリニックによって、取り扱い状況が違いますので、希望の治療方法があられる方は、事前に確認しましょう。

市販のアイテムとの違い

保湿ができるアイテムは、市販でもたくさん販売されています。
皮膚科で処方されるものなら、保険適用のものもあり、安価で入手することができますよね。
市販のものも、安価な商品はたくさんあります。
ですので、費用面ではそれほど違いはないと言えるでしょう。
ただし、高価なものに関しましては、処方されるものよりも、市販のほうが多いです。

また、敏感肌の方でも使いやすい無添加処方のものも市販でもありますので、やはり、あまり処方されるものとの違いはないでしょう。

そして、ワセリンなどは市販でも販売されています。
効能的にもそれほど違いはないでしょう。

しかし、処方されるものは、肌を直接診察した医師の判断で処方されているものですので、肌に合う場合が多いでしょう。
これまで、市販のものを使用して、アレルギー反応が起きたり、刺激を感じてしまった、という方は、処方されたクリームの使用がおすすめです。

そして、配合されている成分によっては、長期的に使用を続けることで、肌や身体とってよくない影響を及ぼすものもあります。
そういった商品を知らぬ間に使い続けてしまわないためには、医師による指示の元、処方された保湿剤を使用することがおすすめです。

まとめ

どちらも、それほど違いはないため、
・自分の肌に合うものがどのアイテムなのかわからない
・乾燥を緩和させたいのだけれど、肌に合わなかったらどうしようなどの不安がある
といった方はクリニックで処方されたもののほうがおすすめです。

ご自身の肌質を知っておられて、自分でケアしたい、という方には、通院の手間も省ける市販のアイテムがおすすめです。

【関連記事】⇒顔の乾燥肌対策にぴったりのクリームとは?