敏感肌なんだけど顔の保湿はどうすればいい? とお悩みではないでしょうか?

敏感肌の方は、刺激を感じやすい上、乾燥しやすくて、なかなかぴったりのスキンケアアイテムを探すことができずに、乾燥がひどくなってしまう、といったことに至る場合があります。
敏感肌で顔の保湿をする場合、どうすればいいのかについてご紹介いたしますので、ぜひ、ご参考になさってください。

敏感肌の保湿

敏感肌は、外的要因というよりは肌質であることが多いため、お肌自体の水分量と皮脂量が少ない傾向にあります。
水分量が少ないと、潤いのないカサカサお肌になりがちです。
そして、皮脂量が少ないと、バリア機能が低下しがちです。
皮脂はテカりの原因でもあるため、少なければ少ないほどいいでは? と思いがちですが、実は、ある程度の皮脂は必要なのです。
皮脂には皮膚のバリアとして機能するという、重要な役割があるのです。

ところが、敏感なお肌だと、潤いが損なわれ、バリア機能も低下している場合が多いため、きちんと保湿を行って、バリア機能を向上させる必要があります。

最適な保湿方法について

言葉にするのは簡単ですが、実際にはどうすればいいのか迷ってしまいますよね。
具体的には、クレンジングや洗顔と、スキンケアに気をつけることが重要です。

▼クレンジングや洗顔
お肌に刺激が少ないタイプのものを選ぶようにしましょう。
無添加などの商品がおすすめです。

そして、メイクをしている場合は、必ずきちんとクレンジングでメイクを落とすようにしましょう。
ノーメイクのときでも、汚れやスキンケアアイテムの成分を残さないよう、しっかり落としましょう。

敏感なお肌には泡立つタイプの洗顔フォームがおすすめです。
なぜなら、ほぼ、直接お肌に触れずに仕使用できるからです。
お肌にダメージを与えてしまうと乾燥などがひどくなる可能性がありますので要注意です。

しっかりと泡立てて、手の平とお顔の間に泡を入れるようにしてください。
※泡立てるのが苦手な方は、泡立て専用のネットなども販売されています。

ゆっくりと、手の平を動かし、泡でお肌を擦るようにしてください。
擦るといっても、泡なので、刺激はほぼありません。

ただし、あまり長い時間、泡を顔につけたままにするのは控えましょう。
長い時間、石鹸の成分が肌に乗っていること自体が負担となる場合があるからです。

その後、冷たすぎず、熱すぎないぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。
髪の毛の生え際やアゴの下など、見落としやすく洗い流しにくい箇所は念入りに洗ってくださいね。

キレイに洗い流せたら、柔らかいタオルやティッシュペーパーなどで水気を優しく拭き取ってください。
水気を拭き取る、というよりは、軽く押さえて、タオルやティッシュペーパーに水気を吸い取らせるような感覚で行うといいでしょう。

▼スキンケア
お肌を清潔な状態にした後は、スキンケアを行っていきます。

セラミドなど、お肌の乾燥対策に役立つ成分がきちんち配合されているアイテムを選んでください。
こちらも、刺激の低い、無添加系のアイテムがおすすめです。
つまり、「保湿ができるアイテム」であり、さらに「無添加の低刺激な仕様」であることがポイントなのです。

そして、化粧水は、手の平で何度もプレスしながら時間をかけて入れていきましょう。
そうすることで、よく浸透し、保湿効果が高まり、お肌の瑞々しさが保てます。

乳液も同様にプレスしながらゆっくり浸透させます。

クリームを塗るときは、プレスではなく、軽く手全体で覆うようにしてつけてください。絶対にこすらないようにしましょう。

オールインワンタイプであれば、プレスしながら、ゆっくり入れましょう。

ただし、アイテムごとに使用方法が指定されている場合は、そちらに従ってください。

▼湿度をキープ
敏感肌だと、乾燥することで、さらに症状を悪化させる恐れもあります。
ですので、空気の乾燥が激しい日などには、加湿器を用いた湿度キープがおすすめです。

やってはいけない方法

「力を入れたケア」です。
とにかく、刺激を与える事はやってはいけません。
擦る、強く押す、引っ掻くなどです。
また、熱すぎるお湯や冷水も、刺激になりますので避けましょう。

【関連記事】⇒皮膚科で処方される保湿クリームの特徴と市販との違い