アトピー性皮膚炎の方は、刺激に敏感です。また、その刺激が症状を悪化させてしまうこともあります。
かゆみなどの症状もあるため、辛いと感じる方も少なくありません。
ですので、肌へ直接使用するものは慎重に選ばれることをおすすめいたします。

肌に触れるものと言えば、衣服や寝具、化粧品など様々ですが、今回は石鹸についてご紹介いたします。
そして、少しでも、症状を抑えるためには保湿が大切だと言われていますので、アトピーの方でも使いやすい保湿力の高い石鹸とはどのようなものなのか、についてみていきましょう。

使いやすい保湿効果の高い石鹸とは?

①肌を保護してくれるタイプのもの
皮脂を落としすぎてしまうと、肌をプロテクトすることができなくなります。
お肌のバリア機能が低下してしまうのですね。
反対に皮脂が必要な分存在していると、きちんとバリア機能が働き、肌を保護して、保湿効果を高めてくれます。
ですので、アトピー肌の方は、皮脂を落としすぎない、ゆるやかな洗浄力のものを選ぶようにしてください。

②石油系合成界面活性剤不使用のもの
合成界面活性剤には、本来混ざり合わない油分と水分を混ぜた状態にするための洗浄剤であり、泡立ちが良くなるためなどに使用されています。また、油や汚れを浮かせて落とす洗浄作用もあるため、洗顔料やクレンジングなど洗浄用アイテムに使用されることが多いです。
それほど危険なものではありませんが、肌への刺激となることがあります。
また、アトピー肌は、このような化学成分に反応しやすいため、避けましょう。

天然界面活性剤は、比較的刺激が少ないとされています。

③低刺激のもの
刺激が低いものを選ぶことが鉄則です。アトピー肌の場合、軽い刺激も強く感じてしまう場合ありますので、低刺激なアイテムとして販売されているものを選ぶといいでしょう。

特に着色料や香料などは、本来、必要のないものです。
また、防腐剤にも注意が必要です。化学成分ではなく、天然の防腐剤を使用している石鹸を選びましょう。

ちなみに、低刺激でも肌質によっては合わない成分もあります。
たとえ、無添加のものを選んでも、刺激を感じる場合があります。
そのようなときは、すぐに洗い流し、使用を中断しましょう。
使用したことによる痛み、かゆみなどの症状が続くようでしたら、医師に相談してください。

刺激が少ないと乾燥の症状も落ち着きやすく、保湿効果にも期待ができます。

④泡立てる
泡立てることで、直接肌を擦らずに使用することが可能です。
アトピー性皮膚炎の方は、刺激を感じやすいですので、できる限り、肌に負担をかけないことが大切です。
負担をかけてしまうことで、症状の悪化にも繋がりかねません。

泡をたっぷり作ってから使用しましょう。
泡のみで優しく洗う、といった感覚で洗うといいでしょう。

しかし、合成界面活性剤不使用の場合、基本的に泡立ちは悪いです。
ですので、泡立ちの良いものというよりは、泡立てて使用するようにしましょう。
泡立てるためのアイテムは多く販売されていますので、それらを利用するのもいいでしょう。

⑤その他
天然成分で作られているアイテムはおすすめなのですが、アレルギー体質の方は注意が必要です。
必ず、全成分をかくにんの上、使用を検討なさってください。

どこで買える?

無添加で低刺激な石鹸は、市販でも通販でも購入することができます。
容易に購入できるアイテムでおすすめのものは、天然成分で作られており、美肌効果にも期待ができるオリーブ石鹸です。
こちらは、色々な種類のものが様々なメーカーから販売されていますので、ドラッグストアやバラエティショップでも取り扱いがあることがほとんどです。
インターネットなら、さらに種類も豊富です。

金額もそれほど高価ではありません。

そのほか、アトピー肌用のアイテムも多々あります。
試供品やお試し価格で購入できるものもありますので、まずは色々と試して、合うものを探されるのもいいでしょう。

【関連記事】⇒敏感肌なんだけど顔の保湿はどうすればいい?