40代の乾燥肌にはどのようなスキンケアがいいのか、ご紹介いたします。
このところ、乾燥が激しくなってきた、肌質が変わってきたような気がする…という40代の方にぜひお読みいただきたいです。

40代の乾燥肌について

40歳くらいから、体内で分泌される成分の量が減少しやすくなります。
セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿や肌を健康的な状態でキープするために必要な成分の分泌量が少なくなりやすいのです。
中でも、セラミドの減少は乾燥に拍車をかけます。
なぜなら、セラミドが減少すると、角質細胞にどんどん大きな隙間ができてしまい、水分を保持していられなくなるのです。
そうなると、水分がどんどん蒸発していってしまい、お肌が乾燥することに繋がってしまうからです。

さらに、ターンオーバーのサイクルが30代の頃よりも長くなり、機能も低下しがちとなってしまうことも、乾燥肌になる大きな要因です。
そんな40代の乾燥肌は、スキンケアなどで改善していくことがおすすめです。

おすすめなスキンケアとは?

乾燥には保湿が重要ですよね。しかし、40代の乾燥肌には、保湿だけでは不十分です。
保湿をすることで、皮膚の表面をプロテクトすることができ、水分の蒸発を防げますし、乾燥を落ち着かせることは可能です。
しかし、この方法では、根本的な解決には至らないのです。
さらに、いくら保湿を行っても、年齢肌による影響のほうが大きいと、保湿が間に合わず、不十分になる可能性もあります。

では、どうすればいいのかと言うと、「保湿」プラス「エイジングケア」です。
エイジングケアを行うことにより、お肌の乾燥対策だけではなく、年齢肌トラブルに多い、シミやシワ、イボなども予防・改善することに繋がります。

どのようなスキンケアアイテムがいい?

・保湿成分を配合している…セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アロエエキス、アミノ酸、スクワランなどが配合されているものを選ぶようにしましょう。
また、高濃度配合されているタイプや、成分が浸透しやすいようにナノ化されているタイプを選ぶのもおすすめです。

・エイジングケア向けのアイテムを選ぶ…年齢肌特融の肌トラブルに効果的な年齢肌向けの商品を選ぶようにしましょう。

・継続しやすいもの…エイジングケアと保湿ケアを行うことは今後も大切なことですので、長らく続けていかれることをおすすめいたします。
肌状態がよくなったからといってケアをやめてしまうと、また、乾燥しやすくなる可能性が高いです。
ですから、価格面や使い勝手など、ご自身に合う、継続しやすいものを選ぶようにしてください。
いくらお肌に合うとは言え、続けられないと、あまり意味がありません。

スキンケアの方法について

・メイクや化粧品の成分をしっかり落とす…残っていると、それら酸化し、が肌へダメージを与えますので、スキンケアを行う前には、確実に落とすようにしましょう。

・摩擦や刺激はNG…どの年代であっても注意すべきことですが、やはり、40代でも、お肌を摩擦したり、刺激を与えたりしないように注意しましょう。
刺激などがダメージとなり、ターンオーバーが乱れる可能性があります。

UV対策強化

紫外線がターンオーバーを乱して、乾燥肌や肌トラブルの要因になってしまうため、UV対策は行いましょう。
また、お顔だけではなく、肌を露出している箇所全てに行うといいでしょう。
なぜなら、肌はひとつながりであり、身体に紫外線を浴びすぎたことでも、メラニンが生成されてしまうからです。
背中などに塗るのが難しい、という場合は、便利なスプレー式の日焼け止めもあります。
その他、帽子や服、日傘でカバーするのも有効です。

代謝が30代の頃よりもさらに落ちていることを考えると、紫外線によって、乾燥するだけではなく、シミもできやすくなっているかもしれません。
様々な肌トラブルのもととなりますので、30代の頃よりもさらに対策を強化しておきましょう。

【関連記事】⇒顔の乾燥肌対策にぴったりのクリームとは?