30代になったからといって、20代の頃に比べて急激に肌質が変わるものではないですよね。
しかし、少しずつ変化が訪れる時期ではあります。
ふと気付けば、何だか代謝が落ちたような気がする…といったご経験はないでしょうか?
いくら食べても太らないと思っていたのに、心なしか、太りやすくなった、などです。
そのように、身体自体にも変化がありますが、お肌にも変化があるものです。
一日で一気に変わらない分、気付きにくいのが難点でもあります。

気付いた時には、肌がたるんでいた、肌トラブルが増えてしまい、しかも治りにくくなっている…などということにならないためにも、早めにケアを行っておきましょう。

30代と乾燥

30代になると代謝が落ちやすいものです。しかし、これは、乾燥肌にも繋がります。
代謝が落ちると、ターンオーバーのサイクルが長くなりやすいのです。
10代や20代の頃なら、短いスパンで訪れていたターンオーバーが、年齢を重ねたことにより長いスパンへと変わることで、老廃物の排出にも影響が出る場合があります。
そして、やがて、ターンオーバーの機能低下もまねきかねないのです。
もし、機能が低下してしまうと、お肌を乾燥から守ることができず、乾燥しやすくなる場合があります。

これまでは乾燥とは無縁だったのに、30代になってから、乾燥肌へ変わってしまった、という方もおられます。

しかし、乾燥肌になりやすいタイミングできちんと正しいスキンケアを行うことで、回避・改善につなげることも可能です。

では、どのようなスキンケアが30代からの乾燥肌対策にいいのか、みていきましょう。

おすすめのスキンケア方法

▼アイテムは今までと同じでいい?
20代の頃から使用してきたアイテムでも問題ない場合もありますが、乾燥が目立つようになった、という方は、見直しが必要かもしれません。
20代なら、油分が多く分泌されており、どちらからというと、水分の減少が乾燥肌の大きな原因となっていたかと思います。
ところが、30代は、油分も水分も減少しているがゆえの乾燥、という可能性が高いです。
したがって、油分も水分もどちらも補えるタイプのアイテムがおすすめなのです。

選び方としましては、保湿成分がきちんと配合されている上に乾燥肌対策用として販売されているアイテムを選ぶのがポイントです。
保湿効果の高い成分には、
・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
などがあります。

クレンジングや洗顔の仕方などは?

クレンジングや洗顔ですが、こちらも、20代の頃よりも低刺激のものや洗浄力の低いものに変えられたほうがいいでしょう。
20代は皮脂の分泌が激しいため、ある程度の洗浄力が必要かと思いますが、分泌が穏やかになったにも関わらず、アイテムを変えないでいると、落としすぎてしまう可能性が高まります。

20代から、ずっと低刺激で洗浄力もゆるやかなアイテムを使用されている場合は、そのままで問題ないでしょう。

とは言え、「落とさなさすぎる」というのも問題です。
メイクやスキンケアアイテムの成分が残ったままになっていると、それらが酸化して、お肌に悪影響となってしまうのです。
ですので、必ず、きちんとクレンジングや洗顔で、オフするようにしましょう。
低刺激で、確実に落としてくれるタイプのものを選ぶといいでしょう。

また、洗う際の温度にも注意しましょう。
熱いお湯や冷たすぎる水も肌への負担となるからです。
熱いお湯は、ちりめんじわの原因にもなると言われています。
一番いいのは、30度程度のぬるま湯です。

クレンジングや洗顔フォームが肌に残っていることも、乾燥やその他肌トラブルの要因となりますので、きちんと落としましょう。
特に、髪の生え際やアゴの下など、見落としやすい場所は気を付けてください。

そして、最後に、水気を拭き取るときにも要注意です。
ここで刺激を与えないようにしましょう。
刺激の少ない柔らかな素材のタオルなど、あるいは、ティッシュペーパーで拭き取るといいでしょう。

まとめ

20代の頃とはターンオーバーのペースなども異なるため、年齢に合ったスキンケアを行うことが重要なのですね。
正しいケアをして、いつまでも美しい肌をキープしましょう。

【関連記事】⇒40代の乾燥肌にはどんなスキンケアがいい?