お肌が乾燥してしまうと、様々な肌トラブルの要因にもなり得ます。
20代の皆様、乾燥肌対策は行われていますか?
まだまだ若いので多少乾燥していても大したケアをしなくて平気、と思われている方も多いかもしれませんが、実は、20代のうちに行うスキンケアが後の肌状態に大きく影響するのです。
乾燥した状態をそのまま放置しておくことで、どんどん悪化していく可能性もあるのです。

では、どのようなスキンケアをすれば乾燥肌対策にいいのか、ご紹介いたします。

20代の方におすすめのスキンケア方法

▼アイテム選び編
20代のうちは、まだ肌年齢も若く、お肌自体が比較的強く、健康である場合が多いです。
そんな今だからこそ、正しいケアが必要なのです。
ここできちんと乾燥対策を行っておくことで、後々、年齢を重ねたときに、肌トラブルの少ない健康肌を目指すことができるのです。

そこで重要なのはアイテム選びです。
お肌が乾燥する対策ですので、何よりも保湿が大切です。
ですので、優れた保湿効果を持つスキンケアアイテムを選ぶようにしてください。

化粧水、乳液、クリームを使用する場合は、特に、保湿効果の高いクリームを選ぶのがポイントです。
なぜなら、クリームで蓋をするからです。クリームでお肌に蓋をすることで、化粧水や乳液、そしてクリーム自体の成分が浸透しやすくなりますし、お肌の水分が蒸発しにくくなる効果もあります。

セラミドやアミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなど潤い成分が配合されているアイテムが特におすすめです。

また、季節問わず、これまでは乾燥肌ではなかったのに、最近、乾燥するようになってきた、という方は、要注意かもしれません。
今まで使っていたアイテムを見直すか、これまでのアイテムに保湿効果の高いクリームやオイルをプラスされることをおすすめいたします。

そして、化粧水などの下地系アイテムだけではなく、洗顔アイテム選びも慎重に行いましょう。
20代のうちは、まだまだ皮脂の分泌量が多いです。
皮脂による顔のテカりが気になる方もおられるかと思います。
そんな皮脂が気になって、洗浄力の高いアイテムを選ぶこともあるでしょう。

洗浄力が高いと、確かに、皮脂も落としてくれてさっぱりするのですが、その際、皮脂を落としすぎてしまうことがあります。
テカり防止にはいいことかもしれませんが、落としすぎはNGです。なぜなら、ある程度は皮膚にとって必要なものなのです。
皮膚の表面をプロテクトするなどの役目があるからです。

必要な皮脂まで落としてしまうと、乾燥肌になったり、乾燥が進行してしまう恐れがあります。
できれば、刺激の低い、優しいタイプの洗顔フォームを選ぶようにしましょう。

もし、どうしても洗浄力の高いタイプの洗顔フォームなどを使用したいという場合は、落としすぎない程度のものを選ぶようにしましょう。

ケア方法編

・お肌にダメージを与えない
スキンケアアイテムが低刺激であっても、ケア中に摩擦するなどでお肌に負担をかける場合があります。
摩擦などによるダメージが蓄積され、そのダメージによって、ターンオーバーが乱れる可能性があります。
ターンオーバーが乱れてしまうと、乾燥肌の悪化にも繋がりますので要注意なのです。

ですので、マッサージや洗顔時など、お肌に触れる場合は、力を入れずにゆっくり行って、摩擦しないようにしてください。

・出来る限り有効成分を浸透させる
クリームでしっかり蓋をする、もしくは、乾燥がひどい場合ならパックがおすすめです。

・紫外線対策
紫外線を浴びる事でも、乾燥が悪化する場合があります。
ターンオーバーが乱れやすくなるからです。

ですので、日焼け止めを塗る、日傘をさすなど、紫外線対策はきちんと行うようにしましょう。

・湿度調整
スキンケアとは少し違うかもしれないですが、こちらも大切なことなので、ご紹介いたします。
空気が乾きやすい冬や、冷暖房を使用する際、どうしても湿度が低くなってしまいます。
湿度が低いと、肌も乾燥しやすくなります。
ですので、加湿器を利用するなど、湿度調整を行われることをおすすめいたします。

また、外出時はマスクをすることでも、乾燥からお肌を守ることができます。
ただし、目の周辺や額など、マスクをしていない箇所には効果がありませんのでご注意ください。

いつまでも若々しいキレイな肌でいられるよう、今、20代のうちから適切なケアをはじめましょう。

【関連記事】⇒30代からの乾燥肌対策にいいスキンケアとは?